転職理由ランキングから見る積極的な転職意欲

スポンサーリンク

転職理由ランキング

「求人情報・転職サイトDODA」によると、2015年10月~2016年3月に転職活動を行った約3万人の転職理由は、以下のランキング通りとのこと。

転職理由ランキング(総合)【1位~10位】

1位 ほかにやりたい仕事がある 12.2%

2位 会社の将来性が不安 9.4%

3位 給与に不満がある 7.5%

4位 残業が多い/休日が少ない 6.1%

5位 専門知識・技術力を習得したい 4.9%

6位 幅広い経験・知識を積みたい 3.9%

7位 雇用形態を変えたい  3.0%

8位 U・Iターンしたい  3.0%

9位 市場価値を上げたい 3.0%

10位 業界の先行きが不安 2.7%

同社は半年ごとに、ほぼ同じ項目で調査を継続しています。

3万人と言うとても多くのサンプルによるデータであり、過去のデータを見比べても、順位変動や割合(%)に大きな変動もないことから、とても信頼性が高い調査だといえるでしょう。

さて、このランキングを見て、どんな感想をお持ちになりましたか?

積極的に転職している人が多いと思いませんか?

work19

積極的な攻めの転職理由が多い

転職理由は、現在の不満と将来の不安が多いものです。

ところが、このランキングのデータを見ると、「2位 会社の将来性が不安 9.4%」、「4位 残業が多い/休日が少ない 6.1%」、「10位 業界の先行きが不安 2.7%」が不安・不満であり、それ以外は、自分がやりたいことがあったり、自分の価値を高めたいといった積極的な理由となっています。

つまり、転職者の多くは、止むに止まれず転職するのではなく、自ら積極的に攻めの転職をしているのですね。

*「3位 給与に不満がある 7.5%」とありますが、これは自身の能力や実績に対して、現在の報酬が見合っていないということですから、積極的な転職理由としました。

転職に適している時期

ところで、さきほど「大きな順位変動はない」と記しましたが、ひとつ、とても気になる変化があります。

このランキングだけだと分かりませんが、12年9月期まで1位は「会社の将来性が不安」で、「ほかにやりたい仕事がある」は2位だったのです。

ところが、次の期からこの両者は逆転し、そのまま継続しているのです。

このタイミング、もうお分かりだと思います。政権が交代した時期ですね。

アベノミクスの成否はよく分かりませんが、少なくともこのときを境に、労働市場の変化と転職に対するマインドが変わったのは間違いありません。

まさに、活性化が始まったと言うこと。

そして、それは今も継続しているのです。

こう見ていくと、今は、転職に適している時期であり、だからこそ、積極的な転職を望む人が行動を起こしている、と言えるでしょう。

つまり、今というタイミングに乗ると、転職を成功させられる、と言うことですね。

「転職をすべきか、どうしようか」とお悩みの方は、今すぐにでも、情報収集を始めたほうが良いでしょう。

こちらの転職サイト・転職エージェントを一度、チェックされることをおすすめします!

自分の適正な給料がいくらかを調べるには → 「MIIDAS(ミーダス)」でチェック
自分の強みは何かを知るには → 「グッドポイント診断」でチェック
簡単に自分にピッタリの仕事を探すには → 「ピタジョブ」をチェック
どのような仕事があるかを知るには → 「リクナビNEXT」をチェック
転職について気軽に相談するには → 「リクルートエージェント 」をチェック

あわせて読みたい

1年のうちで転職に適しているのは何月?
転職でおすすめの業界ってどこなんだろうか?
求人情報にはどのようなものがあるのか?
転職サイトMIIDAS(ミーダス)で、自分の価値を調べてみよう
転職を成功させるために絶対押えておきたい5つのポイント