何のために転職するのか?転職で何を一番大切にするのか?

work46

スポンサーリンク

転職を考える理由

やりたい仕事がある

新しいことにチャレンジしたい

もっと給料が欲しい

自分の時間を増やしたい

今の人間関係から解放されたい

・・・

転職したい理由は人それぞれですよね。

そして、転職したい理由は、「これ!」と、どれかひとつだけではないですよね。

でも、転職する目的は、はっきりしています。

それは、「今よりも良くなること」これに尽きます。

転職を成功させて「今よりも良くなる」ためには、転職活動を行うときに、何を一番大切にするのか、自分の価値観をはっきりさせることだと言えるでしょう。

トレードオフの関係

もし、「楽な仕事だけして、給料が多い職場」があれば、そこに転職したいという人はたくさんいると思います。

(私も、そんな職場があれば、転職したいです・笑)

でも、言わずもがなですが、そんな都合の良い職場など、まずありえないですよね。

仕事のハードさや求められるスキル・ノウハウの高さは、給料と比例するものです。

楽な仕事=誰でもできる仕事に、たくさんの給料を払う経営者はいませんから、この2つはいわばトレードオフの関係にあります。仕事の楽さを取るか、給料の高さを取るかの選択をせざるを得ません。

この「どれかを取れば、どれかを妥協しなければ(あきらめなければ)ならない」という選択は、生きていくうえで、しょっちゅう出くわします。

まして、転職のような重大な決断であれば、とても重くのしかかってきて、迷いに迷うものですよね。

だからこそ、自分が一番大切にする価値観をはっきりさせ、それを優先させることが大切なのです。

これがはっきりしていないと、何をどう判断すればよいか、分からなくなってしまいます。

そして、あやふやなまま流れで転職してしまうと、「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。

何が一番大切か分からなかったら?

一方、転職したい理由がたくさんありすぎて、どれが一番大切なのか、優先順位が付けられないということもあるかもしれません。

そんな時は、まず、思いつくことを全て書き出して見ることをおすすめします。

さらなる上を目指そうという積極的な理由から、今の会社や職場の不満と言った消極的理由も含め、全部、リストアップしてみるのです。

そして、書き出したものを1個づつ比べていくと、思っていた以上に簡単に順位付けできるものですよ。

おそらく、全体でもわっと捉えていると分かりにくいことも、個別に落とし込んだらはっきりするということなのでしょう。

また、これらの項目を順番通りに見つめていると、それまで気づかなかった自分自身の仕事観も分かるかもしれません。

よろしければ、一度、お試しください。

転職を考える記事はこちら
何のために働くのか、分からなくなったら・・・
ひとつの会社で長く勤めるメリットとデメリット
同じ仕事を続けていたら、誰だって飽きて当たり前
その給料で本当に満足?仕事に給料が見合っていないなら転職を考えるべき