部下が退職を伝えたとき、上司は一体どんな反応をするのか?

転職活動は、今いる会社の中では秘密裏に行うことが基本です。

でも、転職先を決めたのなら、いずれ上司に退職することを伝えなければなりませんよね。

さて、部下であるあなたが退職を伝えたとき、上司は一体どんな反応をするでしょうか?

work42

スポンサーリンク

上司の反応

退職理由を根掘り葉掘り質問してくる

上司に退職を伝えるとき、まずは「退職したい」と切り出し、「実は別の会社に転職することになりました」と続けることと思います。

そのとき上司は、「え?」と驚いたうえで、

  • なんで転職するんだ?
  • いつから転職を考えていたんだ?
  • 今の会社のどこが不満なんだ?
  • 転職先はどんな会社だ?
  • なぜその会社に転職を決めたのか?
  • 転職先ではどんな仕事をするのか?

などなど、退職理由を根掘り葉掘り質問してくるでしょう。

退職しないように慰留する

一当たり質問すると、今度は慰留もしくは退職時期の延期を打診してくるはずです。

  • 転職したいと言う考えは、もう変わらないのか?
  • 今の会社で他に行きたい部署はないのか?
  • もしその部署に行けるとしたら転職は考え直すか?
  • いつまで今の会社に勤務できるのか?
  • 退職時期を引き延ばすことは出来ないのか?

イヤミを言う・罵倒する

もちろん、あなたの退職の意思は変わらないでしょうし、退職時期もそう簡単に延期できないでしょう。

その旨を答えると、一言もイヤミを言わずに「そうか、わかった。新しい人生が成功するよう応援するからな」「落ち着いたら、サシで飲もう」と大人の対応をしてくれる上司だと助かります。

でも、中にはネチネチっとイヤミを言ったり、あるいは、強烈に罵倒してくる可能性もあるのです。

  • 急に退職話を切り出されても困る
  • 人手不足なのに、お前が辞めたら他の仲間たちにしわ寄せが行くんだぞ
  • そんな会社に転職したって良いことないぞ
  • お前みたいなやつが転職したところで、どうせ勤まらないんじゃないか
  • 自分のことしか考えられない奴だったのか、情けない
  • これまでの恩を仇で返しやがって!
  • この裏切り者!

残念ながら、それまで良い上司だと思っていた人でも、こういった発言をする人はいるものです。

上司の本音

イヤミを言ったり、罵倒したりしたところで、あなたが退職することには変わりありません。

でも、どうして、このような大人気ない言葉を投げつける上司がいるのでしょうか?

ひとつは、上司のプライドの問題。

部下が秘密裏に転職活動をしていたことや、何の相談もしてもらえなかったことは、上司として自分は信頼されていないことの裏返しと感じるものです。

それまで、(あなたが上司に対してどう感じていたかは別にして)上司としてあなたを可愛がっていたとの想いが強ければ強いほど、「蔑ろにされた」「裏切られた」という思いを持ってしまうものなのです。

このように、上司個人としての感情が先走ってしまうと、社会人として恥ずかしい言葉を口にするような人が出てくるのです。

そして、もうひとつ。部下からの突然の退職話は、上司としては非常に困る話だからなのです。

というのも、あなたが退職することで、「人事」に関わる実務という問題と、それ以上に「上司本人の立場」に悪い影響があるからなのです。

人事への影響

部下が一人辞めるとなると、それまで担当していた仕事を今後どうするか、考えなければなりません。

まずは、今いる他のメンバーに振り分ける。

次に、他の部署から人員を補充してくる。

そして、中途で採用を行う。

このように、人事に大きな影響を及ぼすことになります。

仕事の他のメンバーへの振り分け

他のメンバーにあなたの仕事を振り分けると、それぞれからクレームが出てくることは十分ありえます。それに対して、なだめ・すかして、何とかやらせるようにもっていかなければなりません。

他部署からの人員補充

他のメンバーの仕事が増えた状況をいつまでも続けるわけにはいきません。他部署から人員の補充をするには、人事部にかけあって人を回してもらうようにします。

会社にもよりますが、これがなかなか難しかったり、時間がかかったりするのです。

また、補充される人員は、他部署で「お荷物」扱いとなっている仕事の出来ない人、問題の多い人を押し付けられることだって、十分にありえます。

このように望ましくない人材であっても、人手が足りずに補充をお願いしている以上、断わるわけにはいかないのです。

中途採用の実施

そして、中途採用の実施ですが、これはひとつの部門が単独で行うのではなく、人事部が取り仕切ることになるでしょう。

上司としては、自分の部署のために人事部に仕事をしてもらう、つまり、借りをつくることになるわけです。

もちろん、実際に中途採用で補充するかどうかの判断を人事部が行うケースもあるでしょうし、採用の実施時期を決めるのも人事部で、ずいぶんと先延ばしされる事だってありえます。

このように上司には、部下が辞めた後の対処に相当の労力が求められることになり、上司とすれば、本当に困るわけですね。

別の問題も

また、別の人事上の問題が考えられます。

それは、すでにあなたの人事案が決まっている場合に起きるのです。

2ヵ月後にはA部署に異動予定であり、その後任はB君、さらにその後任はC君といったふうに、数珠繋ぎの人事案が決まっていたら、組み換えが必要となります。

これももちろん、直属の上司が一人でできるものではなく、人事部を中心とした他の部署も巻き込む話になってくるのです。

上司の立場がまずくなる

一方、上司の立場の問題もあります。

部下に突然、会社を辞めると言い出された上司は、さらに上の上司から、どんな叱責を受けるでしょうか?

  • 日頃から、部下のことを把握していたのか?
  • しっかりとマネジメントできていたのか?
  • 職場環境が良くないのではないか?
  • 部下に対して、ハラスメントを行っていたのではないか?

部下が退職したい理由に関わらず、上司は、こういった疑問を投げかけられます。

それに対して、どのような回答をしたとしても、結局は「部下の心情や行動を把握できていなかった上司」との評価を受けるものです。

上司としては、社内での立場がまずくなること請け合いです。

まとめ

以上のように、部下が会社を辞めるとなると、上司としては、とても大変なことになるのです。

ですから、まずは根掘り葉掘りと退職理由を聞き、退職を撤回させるため、何とか慰留をしようとします。

それでもダメだったら、イヤミのひとつも言う、場合によっては罵倒する、との行動に出てしまうのですね。

現実問題として、退職することは上司や同僚に迷惑をかけてしまいます。

これまでの社内での人間関係が良ければ、とても心苦しく感じるでしょう。

でも、自分自身の人生を、より良いものとするために「転職」を決断したのであれば、これは避けては通れないことなのです。

「立つ鳥後を濁さず」ではありませんが、上司や同僚にできるだけ迷惑をかけないような配慮をしつつも、自分の決めた道を進みたいものですよね。

転職エージェントに相談してみる

このように、転職に当たっては、様々な悩み事が出てきます。そして、この悩みは、人によってそれぞれ違いますが、会社の同僚など、なかなか相談相手がいないので、困ってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、是非、転職エージェントのコンサルタントに相談しみませんか?

レベルの高い転職エージェントは、どのような相談事でも、的確に対応してくれますよ。

転職エージェントに登録をするなら、一番のおすすめは「リクルートエージェント」です。

転職活動中の方はもちろん、転職をしようか悩んでいる方でも、気軽に相談に乗ってくれるのです。

もちろん、転職エージェントとしても、実績はNo1!

転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。 あわせて、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのも提供してくれるのも強みです。

登録はこちらから → リクルートエージェント

首都圏に強みのある「マイナビエージェント

また、若手の転職者に強みがあるマイナビエージェントもおすすめです。

東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の人事・採用担当との太いパイプを持ち、豊富な求人が魅力です。

登録はこちらから → マイナビエージェント

また、あなたが20代でしたら、同じくマイナビジョブ20’Sをおすすめします。マイナビの情報網を活かしつつも、20代という若年層に特化しているからこその強みを持つ転職エージェントです。

登録はこちらから → マイナビジョブ20’S

おすすめの口コミ転職サイトを見る

そして、もうひとつおすすめするのが、「キャリコネ転職サービス」です。

「キャリコネ転職サービス」に登録すると、数十万件以上の企業の口コミを無料で見ることができるのです。

現役社員や元社員による口コミ情報、これを読むと、どのような職場環境なのかが良く分かり、ブラック企業かホワイト企業か一発でわかります!

また、こちらに登録すると、「DODA」をはじめ、複数の転職エージェントの無料相談を簡単に受けることができるのです。

転職活動中の方はもちろん、転職を検討している方で、様々な企業の実態を知りたい方は、ぜひとも登録することをおすすめします。

登録はこちらから → 「キャリコネ転職サービス」


あわせて読みたい