求人情報にはどのようなものがあるのか?

転職を考える際に、一番に気になるのは「一体どのような求人があるのか?」ということ。

どんな会社が、どんな人材を求めているのか?その勤務条件はどういったものか?

そもそも、こういった求人情報には、一体、どのようなものがあるのでしょうか?

work39

スポンサーリンク

転職市場の顕在情報と潜在情報

転職者を対象とした求人情報には、一般に公開されている顕在情報と、まだ公開されていない潜在情報の2つがあります。

顕在情報

顕在情報とは、新聞、雑誌、インターネットなどのメディアや、ハローワーク、転職サイト、転職エージェントなどで、一般に公開されている求人情報のことをいいます。

潜在情報

潜在情報とは、企業がまだ人材募集を公開しておらず、ハローワークや転職サイトなどにも依頼していない求人情報のことです。

近い将来、人材を採用する予定であったり、良い人材がいれば採用したいなど、まだ具体的な採用活動を始めていないものです。

顕在情報の特徴

公的機関

求人情報には、行政が行っているものとして、ハローワークがあります。

こちらは主に失業中の求職者を対象に、求人情報の紹介や職業訓練など、就業支援全般を行っています。

また、地方自治体等にも、地域の住民やUターン・Iターン希望者を対象に、就職支援の窓口を設置しているところがあります。

あらゆる業種・職種・階層の求人が幅広く寄せられていますが、ハロワークが斡旋する求職者の採用に対して、求人企業に一定の強制力があるため、採用にコストをかけられない企業が多くなります。

したがって、あくまで一般論となりますが、勤務条件はあまり良くない求人情報が多いのです。

転職活動においては、現実的な労働市場がどのような状況かを知ることができます。

メディア

新聞

日本経済新聞や朝日新聞等の全国紙には、広く優秀な人材を求める企業の求人情報が掲載されます。

全国から応募が集まるため、競争率は高くなる傾向にあります。

また、地方紙では地元の求人が掲載されます。

全国紙に比較すると、競争率はさほど高くないのですが、求人内容によっては地元志向の求職者が集中することもあります。

雑誌

新卒者・転職者・アルバイトといった区分に、専門技術者・特定の職種・独立希望者向けなど、企業の求人ニーズに合わせた求人雑誌が各種あります。

自身のニーズに合わせて選び、定期的に入手・チェックすると良いでしょう。

インターネット

ハローワークや新聞・雑誌、また、転職サイト、転職エージェント等、あらゆる機関がインターネットで求人情報を掲載しています。

各情報は、発信元の機関・メディアが公開している情報と同じものとなります。

特に転職サイトでは、自身の希望等を登録しておくと、メール配信してくれるところもありますので、積極的に活用したいものです。

転職エージェント

転職エージェントには、求人企業と求職者のマッチング型と、求人会社の条件にあう人材を探し出すサーチ型の2つがあり、広く求人を扱う総合型と特定の業種に絞った専門型があります。

転職エージェントは、キャリアカウンセリングから企業情報の提供、求人紹介まで、幅広く転職活動をサポートしてくれます。

そして、ハローワークやインターネットなどで公開されていない「独占情報」があるのも転職エージェントの特徴と言えます。

また、転職エージェントが主催する転職フェアでは、企業の採用担当者が出席して、企業説明会や簡単な面接を行っているため、ナマの求人情報を得られるとても貴重な情報源となります。

転職エージェントに登録すると、転職フェアの開催案内が届きます。

潜在情報の特徴

潜在情報は、まだ公開されていない求人情報です。

これらが発生するのは

  • 退職予定者があり、その後任が社内にはいない
  • 事業の拡大や新規事業進出の計画があるが、それを担う人材が社内にはいない
  • 人材の質を強化したい

といったケースがあげられます。

潜在情報は、経営層をはじめその企業でもごく一部の人しか知らないため、これを入手するのは、決して容易ではありません。

その企業の経営層とのコネクションを持っているか、あるいは、知人・友人に持っている人がいないと、なかなか難しいものがあります。

しかし、転職エージェントのコンサルタントには、この潜在情報をたくさん持っている人がいるのです。

目当ての会社があるならば、転職エージェントに確認するのが、もっとも確実だと言えるでしょう。

まとめ

転職に際しては、様々な求人情報の入手先があります。

その中でも、群を抜いているのは転職エージェントだといえるでしょう。

転職活動をしっかりと行っている人はもちろん、これから転職を考えようという人も、是非、転職エージェントに登録して、情報収集していただければと思います。

おすすめの情報収集はこちらから!

自分の適正な給料がいくらかを調べるには → 「MIIDAS(ミーダス)」でチェック
自分の強みは何かを知るには → 「グッドポイント診断」でチェック
どのような仕事があるかを知るには → 「リクナビNEXT」をチェック
転職について気軽に相談するには → 「リクルートエージェント 」をチェック


あわせて読みたい

1年のうちで転職に適しているのは何月? 
転職理由ランキングから見る積極的な転職意欲
転職でおすすめの業界ってどこなんだろうか?
転職サイトMIIDAS(ミーダス)で、自分の価値を調べてみよう
転職を成功させるために絶対押えておきたい5つのポイント