本当に転職を決意しても大丈夫?転職理由を今一度深掘りすべきその訳とは

人によって、転職理由はそれぞれですが、大きく分けると、

  • 仕事そのもの
  • 収入
  • ライフスタイル
  • 人間関係

の4つに大別されます。

自分自身の転職後のビジョンがはっきりしていれば、何の問題もありませんが、もし、そうでなければ、転職理由を掘り下げたほうが良いかもしれませんね。

というのも、「何となく、今の仕事がいやだ」とか、「何となく、別の会社のほうが良さそうだ」と、漠然とした転職理由だったら、転職活動そのものがうまくいかなかったり、転職できても、新しい職場で、また同じようなことが起きてしまうかもしれないからです。

転職理由はあるけれど、あまり明確でないと言う方、今一度、深掘りしてみてはいかがでしょうか?

work18

スポンサーリンク

仕事そのもの

やりたい仕事がハッキリとしていれば、そして、それが今の会社ではできないことであれば、すぐに転職活動に入るべきです。

逆に、今の会社でもできる仕事であれば、社内での異動を念頭に、どうすれば携わることができるかを考えるのもありです。

同じ会社の中であれば、比較的簡単に情報収集できますし、社内での人事異動によって実現できるのですから、転職よりもハードルは低くなります。

もし、今の会社にやりたい仕事は何一つないというのであれば、「では何がやりたいのか」をハッキリさせる必要があります。

そのためには、世の中にはどんな仕事があるのかを知ることが大切。

社外の友人や転職サイトなどから情報収集し、あわせて、転職エージェントに相談するのも有効です。

どのような仕事があるかを知るには → 「リクナビNEXT」をチェック
転職について気軽に相談するには → 「リクルートエージェント 」をチェック

また、自分がどんな仕事に向いているのか、転職サイトのサービスを使って診断してみるのも良いでしょう。

自分の強みは何かを知るには → 「グッドポイント診断」でチェック

給料

新卒で会社に入るときは、あまり意識しなかった給料は、実際に働き始めると、本当に大切だって分かってきます。

もし、給料が低いと不満を持っていたら・・・、将来的にもらえるお金が少ないと感じていたら・・・、積極的に転職しようと思いますよね。

このように、給料が転職理由という人は、とても多いのです。

でも、会社を辞めてしまう前に、自分は一体いくら稼げるのかは、絶対に知っておくべきです。

給料は多ければ多いほど良いですけど、転職に際して現実的な判断が求められます。

自分の市場価値を客観的に知ったうえで、それをベースに転職先を検討すべきです。

あまりに突拍子もない金額を希望していたら、転職先はなかなか見つからないですからね。

自分の適正な給料がいくらかを調べるには → 「MIIDAS(ミーダス)」でチェック

ライフスタイル

転職理由がライフスタイルという人は、勤務時間が変則的だったり、残業や休日出勤が多くて、自分の自由な時間が持てないというのが背景にあると思います。

また、親の介護や子育てといった避けられない事情や、最優先したい自分のライフスタイルや子供の教育など今の住居では実現できない希望などがあるかもしれません。

この問題は、自分で解決できる部分は、とても少ないく、今の会社にいたら、希望するライフスタイルを実現することは難しいでしょう。

やはり積極的に転職活動を行うべきだと考えます。

人間関係

職場の同僚たちに溶け込めない、上司と折り合いが悪い、お得意様のことが苦手・・・。

会社での人間関係がうまくいっていないと、本当につらいものがあります。

実際、転職理由の多くは、会社での人間関係にあります。

ところが、このように人間関係がうまくいかないことを理由に退職するのは、どうしても気が引けるものがあります。

現実から逃げている、誰それに負けた、こんな思いが胸をよぎってしまいますから。

しかし、私は人間関係が理由で退職・転職しても、何も恥ずかしいことはないと考えています。

毎日、ストレスを抱えながら、イヤな思いで会社に行く、こんなつらい日々とは、サッサとおさらばすべきだと思うのです。

人間関係がうまくいっておらず、努力してもこれ以上、何ともならないのであれば、今、すぐにでも転職活動を始めましょう。

そして、一日も早く、つらい日々から解放されましょう。

ただし、自分自身に問題がないか、努力してきたかは、しっかりと振りかえる必要があります。

説教じみて申し訳ありませんが、人間関係がうまくいかない原因がもし自分にあったら、転職先でも同じことを繰り返してしまう危険が大きいのです。

客観的に自分を振り返り、問題点を抉り出すのは、とてもつらいことです。でも、頑張ってやり切らないことには、前には進めません。

転職先というリセットされた環境で、自分の反省を踏まえながら、新しい人間関係を作っていく。こうして、より良い人生を作り上げていきましょう。

おわりに

転職を考える理由として、

  • 仕事そのもの
  • 収入
  • ライフスタイル
  • 人間関係

の4つを上げました。

これらを漠然とさせたままでは、決して良い転職は叶わないでしょう。

今一度、しっかりと深堀りしてみてはいかがでしょうか?

自分の適正な給料がいくらかを調べるには → 「MIIDAS(ミーダス)」でチェック
自分の強みは何かを知るには → 「グッドポイント診断」でチェック
どのような仕事があるかを知るには → 「リクナビNEXT」をチェック
転職について気軽に相談するには → 「リクルートエージェント 」をチェック


あわせて読みたい

募集要項の「求める人材」欄をみて応募をあきらめていませんか?
転職先で自分は通用するのかという不安を解消するたった3つの方法
転職活動のために仕事を辞めるのは絶対にやめるべき。そのたった2つの理由
「今の会社で続けられないか」を考えることが転職を成功させる第一歩となる理由