募集要項の「求める人材」欄をみて応募をあきらめていませんか?

転職サイトや転職エージェントのホームページで求人情報を眺めていると、「あ、ここはいいな!」と思う会社がいくつもありますよね。

おもしろそうな仕事であったり、給料などの待遇がよかったり、知名度のある会社だったり。

「この会社だったらいいな」「応募しようかな」と思いつつ募集要項を見るのですが、いいな!と思う会社に限って、「求める人材」には、とても高いレベルの募集要件が書かれていたりします。

「なんだよ・・・。これじゃあ、とてもじゃないけど、自分には無理だ」

ガックリして、応募をあきらめてしまう、そんな経験はありませんか?

転職先のハードルが高くて応募をあきらめる、こんな気持ちになってしまうのはごく自然なのですが、実はとても「もったいない」ことをしているのです。

work33

スポンサーリンク

応募要項のレベルは高いものになりがち

私(=管理人)は、人事の仕事を長くやっており、採用を担当した時期もありました。

メインは新卒の一括採用でしたが、経験者の中途採用も何度か行ったことがあるのです。

最初に行うのは、募集要項を整理して、求人広告に出すこと。

この募集要項を整理するとき、「求める人材」を具体的に文字にしていくわけですが、頭の中で「こんな人に来てもらいたい」「こんな人と一緒に働きたい」とイメージしながら、書いていきます。

すると、いつのまにか理想像が膨れ上がってしまい、要件としては、ものすごくレベルの高い人材を求めるものになってしまうのです。

「さすがにこれだと応募する人がいなくなる」と、いくつかの項目を削ったり、レベルを下げた上で、募集をかけたものです。

このように人材を求める会社は、少しでも良い人に来てもらいたいという気持ちが強いので、募集要項に書く「求める人材」のレベルは、どうしても高めになってしまうのです。

応募要件を全て満たせる会社に魅力はあるか?

募集要項の「求める人材」像自体、ムチャクチャなことばかりを書き連ねているケースは少ないものです。

それでも、複数ある要件をすべてクリアするのは厳しいというは、よくあること。

今、転職を考えている方で、応募をあきらめた人は、おそらく

「自分は、こことここは当てはまるけれど、これが足りないからダメだ」

と考えた結果でしょう。

でも、ここで考えてみてください。

あなたは、全ての応募要件を満せる会社に転職したいと思うでしょうか?

おそらく、そのような会社には、あまり魅力を感じないと思うのですが、いかがでしょうか?

「求める人材」の要件にも優先順位はある

会社はより良い人材に来てもらいたいので、募集要項では高めの条件を出している可能性があります。

一方、複数ある条件のなかでも、優先順位があって、絶対必要な要件と、あれば尚可というものも混在しているものです。

さらに言えば、能力や経験よりも、意欲や人間性が重視されるケースはたくさんあります。

特に若手の転職であれば、転職後に経験を積んでもらおうと考えている会社もいっぱいありますから。

まとめ

自身が行きたいと思う会社であれば、言葉はよろしくないですが、「ダメ元」で応募してみましょう。

少々、条件を満たさないくらいであきらめてしまうのは、もったいないですからね。

あわせて読みたい
転職先で自分は通用するのかという不安を解消するたった3つの方法
希望する求人が見つからず転職がうまくいかないときに行うべき3つの項目
転職は「ご縁」のもの。転職がうまくいかず自己嫌悪に陥ったときは「休む」ことも大切ですね
転職で無駄な回り道をせずに成功するための7つの転職条件の整理の仕方