募集要項の「求める人材」欄をみて応募をあきらめていませんか?

転職エージェントのサイトで求人情報を眺めていると、「あ、ここはいいな!」と思う会社がいくつもあります。

仕事内容はもちろん、勤務条件なども自分の希望に合っていて、「応募しようかな」と思いつつ、「求める人材」を見ると・・・、とてもレベルの高い募集要件が書かれています。

「これは、とてもじゃないけど、自分は無理だな」こう思って、応募をあきらめてしまうことがあるかもしれません。

でもそれは、とても「もったいない」ことなのです。

work33

スポンサーリンク

会社は少しでも良い人材に来てもらいたい

私は以前、勤務していた会社では、人手が少なかったこともあって、営業や現場など、さまざまな仕事をしていました。

その中で、経験者を採用する仕事も何度か行ったことがあるのです。

最初に行うのは、募集要項をまとめて広告に出すこと。

その際、「求める人材」を具体的に文字にしていくわけですが、頭の中で「こんな人に来てもらいたい」「こんな人と一緒に働きたい」とイメージしながら、書いていきます。

すると、いつのまにか理想像が膨れ上がってしまい、要件としては、ものすごくハイスペックな人材を求めるものになってしまうのです。

さすがにやり過ぎと言うことで、いくつかの項目を削ったり、レベルを下げた上で、募集をかけていました。

人材を求める立場としては、少しでも良い人に来てもらいたいという気持ちが強いので、それが先走って募集要件が高めになってしまうのは、仕方がないことなのです。

応募要件を全て満たせる会社に魅力はあるか?

求人情報の「求める人材」を見ていると、そんなにムチャクチャな書きぶりのところは少ないとは思います。

それでも、複数ある要件をすべてクリアするのは厳しいかも、というものもあります。

今、転職を考えている方で、応募を見送る人は、おそらく、「自分は、こことここは当てはまるけれど、これが足りないからダメだ」と考えた結果でしょう。

全部を満たせていないから無理だ、と考えたということですね。

でも、逆に自分が全ての要件を満たす会社だったら、そこに転職したいと思うでしょうか?

おそらく、そのような会社には、あまり魅力を感じないと思うのですが、いかがでしょうか?

「求める人材」の要件にも優先順位はある

上で記したように、企業はより良い人材に来てもらいたいがゆえに、高めの条件を出している可能性があります。

一方、複数ある条件のなかでも、優先順位があって、絶対必要な要件と、あれば尚可というものも混在しているのですね。

さらに言えば、能力や経験よりも、意欲や人間性が重視されるケースはたくさんあるのです。

特に若手の転職であれば、転職後に経験を積んでもらおうと考えている会社のほうが多いと言えるのです。

まとめ

自身が行きたいと思う会社であれば、言葉はよろしくないですが、「ダメ元」で応募してみましょう。

少々、条件を満たさないくらいであきらめてしまうのは、もったいないですからね。

あわせて読みたい
転職先で自分は通用するのかという不安を解消するたった3つの方
転職活動のために仕事を辞めるのは絶対にやめるべき。そのたった2つの理由
本当に転職を決意しても大丈夫?転職理由を今一度深掘りすべきその訳とは
「今の会社で続けられないか」を考えることが転職を成功させる第一歩となる理由