転職でおすすめの業界ってどこなんだろうか?

転職活動を行っている方は、「転職でおすすめの業界ってどこなんだろうか?」って考えたことがあるでしょう。

どの業界が転職しやすいのか?転職したら有利な業界はどこか?、とても気になるところですよね。

business-man-1385050_1920

スポンサーリンク

どのようなライフプランで転職するか

転職活動を行う際は、まずはじめに、

「自分がどのような人生を歩んで行きたいのか」

というライフプランを考えます。

次に、そのライフプランにあわせて自分自身の適性や経験、能力を見直します。

そして、どのような仕事をやりたいのかを整理したうえで、合致する業界や職種を選び、実際の求人を探すと言うステップになります。

と書くと、小難しく感じますが・・・。

例えば、これからバリバリと働いて、しっかりと稼ぎたいという人であれば、少々、ハードな業界でも覚悟の上となるでしょう。

一方、給料はそこそこでいいので、できるだけ余裕があってストレスのない仕事が良いという人もいるはず。

また、中高齢で早期退職したうえで再就職を希望する人は、「あんまり、厳しいところはNG」と考える人が多いですよね。

このように、自分のライフプランによって、希望する働き方は変わりますので、選ぶ業種・業界も変わるものです。

転職でおすすめの業界はない

では、おすすめの業界はどこか?についてですが・・・、結論は、「転職でおすすめする業界はない」となります。

というのも、何をもっておすすめするのか、転職者によってその条件が変わるからなのです。

「ここがおすすめ」とか、「ここはおすすめできない」など、一概にはいえないのですね。

当たり前なんですけど・・・。

転職しやすい業界ならある

ただ、転職しやすい業界というのはあります。

現在、求人状況は売り手市場と言われていて、求人数のほうが、求職者数よりもたくさんいます。

なかでも、IT業界、建設業界、飲食業界、介護業界は、人手不足で困っている会社が多く、特にIT業界では、経験のある若手転職者はひっぱりだこと言って良い状態です。

IT業界で一定の経験やスキルを持っている人たちは、より良い条件で、どんどん転職しています。

ここから考えると、転職のしやすさは、求人の多さとなります。

しかし、それだけで転職先を決めてしまうのは、とても危険です。

言わずもがなですが、人手不足で困っている会社に入ると、激務が待っています。

残念ながら、給料が安く、労働条件が悪いケースが多いのです。

だから、社員が定着せずに、人手不足となっている場合が、ほんとうに多いのです。

あと、ITや介護は、ブームとかラッシュといった時期的に好況な状態であったり、新規参入が多くて競争が激しく、将来、会社が存続しているか?との不安が付きまとうもの。

特に新しく立ち上がった会社には、経営者のレベルが低い、補助金目当てといったひどい会社も混じっています。

「それでも良い」という人ならOKです。

でも、やっぱり、

  • 業界の特性や現状が自分にマッチしているか
  • その会社は自分のライフプランに見合っているか
  • 何より自分はどうしたいのか、何ができるのか

をしっかり考えて転職先を探さないと、後々、後悔することになるでしょう。

おわりに

転職そのものは、「自分がより幸せになる」ために行うものです。

もちろん、転職活動を行う上で、「転職でおすすめの業界はどこか」を考えるのは良いことですが、その際も、自分自身というものをしっかり持った上でリサーチすることが必要です。

実際の口コミサイトなどを覗くと、おぼろげでも業界の実態が見えてきます。

転職エージェントは、業界事情に精通しており、客観的なアドバイスをしてくれますので、ぜひ聞いてみることをおすすめします。

おススメの口コミサイト

キャリコネ転職サービス

キャリコネ転職サービス」の解説記事は↓こちら↓

あわせて読みたい