転職活動を会社に秘密にしておくために気をつけること

転職活動を行っていることは、会社には必ず秘密にしておくべきです。

上司や同僚に知られると、「抜け駆けした」「裏切り者」と思われ、いらぬ軋轢を生んでしまいます。

そして、転職そのものがうまくいかずに会社に残ることになったら、とても居づらくなるからです。

*詳しくは、

会社にバレたら一大事!転職活動を秘密にするべき単純な理由

をご参照ください。

さて、自分では誰にも知られないように転職活動を行っていたつもりなのに、いつの間にか、「あいつ、転職するらしいぞ」と噂になってしまうことが、時々おこります。

一体、何が原因なのでしょうか?

work23

スポンサーリンク

有給休暇や午前・午後の半日休暇が増え、残業が減った

企業の採用面接は、基本的には平日の日中に行われます。その場合、どうしても会社を休まなければならず、結果、休暇の取得が増えていきます。

これは、実際に面接までこぎつけているので、うれしい悲鳴ではあるのですが、立て続けに休暇を取っていると、目立ってしまいますよね。

また、転職先企業を調べたり、職務経歴書を書き換えたり、転職エージェントのコンサルタントと面談したりと、転職中は何かと時間が必要となります。

そのため、今まで毎日、遅くまで残業していたのが、急に早く帰るようになるケースもあるのです。

これも、やはり目立ってしまいますよね。

このように、休暇や残業で目立ってしまうと、最初は体調不良などを心配されるかもしれませんが、やがて上司から呼び出され、「何かあったのか聞かせて欲しい」と問われることになりかねません。

服装が極端に違う日がある

午後から面接が実施される場合、午前中は出社してから向かう場合も出てくるでしょう。

普段からスーツで出勤している人であれば、特に問題はありません。

ですが、会社で制服等に着替えている人で、普段はラフな格好で通勤している人が、いきなりスーツで出社したら、周りはビックリしますよね。

そして、何かあったのか聞いてくるでしょう。

一度だけなら、何とか答えを濁して済ませられても、二度三度と繰り返していると、いろいろな憶測が乱れ飛ぶことになります。

仕事への意欲が下っている

人事異動の内示が出ると、今の仕事を切りの良いところまで仕上げようとか、しっかりと引き継ぎしようと思いますが、それでも、どことなく仕事に身が入らなくてります。

まして、転職を決心すると、次の仕事が決まっていなくても、意欲は下ってしまうものです。

仕事そのものを適当にこなしたり、どこか、そわそわしていて落ち着かなくなったり、そして、言葉の端々で退職をほのめかすようになったり・・・。

こうなってしまうのは、ある面、仕方のないことかもしれません。

ただ、周りからは「何かあったのか」と訝しく思われてしまいますよね。

転職活動を秘密にしておくために

以上のように、転職活動を行っていると、どうしても日常とは違った言動を取ってしまいます。

それがきっかけとなって、周りに知られてしまうのです。

そこで大事なのは、会社では極力、普段と変わらない態度で過ごすということ。

休暇が増えることについては、仕方がない面があります。しかし、一度に大量に応募することを辞めたり、面談のスケジュールを可能な限りバラけさせることで、緩和できることもあります。

残業は、極端に減らすのではなく、少しづつ調整すれば良いですし、服装は駅のコインロッカーに預けて、外で着替えるなど工夫しましょう。

そして、何より今の仕事はしっかりとやるべきですね。

普段と変わらない会社生活を心がけること、これが転職活動を秘密のうちに行う秘訣です。

おわりに

「どうせ、辞めるんだから」とオープンにして転職活動をしたほうが良いと考えるかもしれません。

でも、ここは我慢のしどころですよ。

転職活動がうまくいかない場合もあれば、活動を通じて今の会社の良い面が見えてくるかもしれません。

しかし、転職をオープンにしていると、とても会社に居づらくなってしまい、結果、不本意な退職を余儀なくされることだって、十分考えられるのですから。

あわせて読みたい

会社にバレたら一大事!転職活動を秘密にするべき単純な理由
「退職願」と「退職届」、転職者ならその違いと書き方・出し方を知っておこう 
部下が退職を伝えたときの上司の反応