30代は転職適齢期、そして、ラストチャンス?

30代のビジネスパーソンは、会社での実務経験をおよそ10年以上積んできた人です。早い人だと役職にも付いて、マネジメントとして活躍されていることでしょう。

まさに中堅として、組織をバリバリ引っ張っている世代と言えます。

では、この30代での転職は、有利なのか不利なのか、どちらでしょうか?

スポンサーリンク

30代は転職適齢期

30代は転職適齢期、もっとも転職するのに良い時期と言えます。

20代よりも実務経験があり、スキルやノウハウも身につけています。そして、40代よりも体力があり、思考が固まっていません。

企業サイドとしては、初期段階の育成が少なくて済み、バリバリと働いてくれる30代の転職者は、とても「欲しい存在」です。

特に「転職者の売り手市場」である現在おいては、幅広い求人ニーズがあります。

30代は転職のラストチャンス

転職が当たり前になってきている昨今、自分自身の将来を考えると、30代のうちに一度転職を経験しておいた方が、結果的に有利となる可能性が大きいのです。

現在の会社に十分満足しており、今後も定年まで勤め上げるといった強い意志があれば話は別です。

しかし、自身のさらなるステップアップを考えているのであれば、(あるいは、今の会社では先が見えてしまっているのであれば)、30代のうちにアクションを起こしたほうが絶対に良いのです。

そして、30代は、現実的に転職のラストチャンスなのです。

40代の転職は狭き門

というのも、40代になると企業サイドの求人ニーズは、プレイヤーからマネジメントへと変わっていきます。

求められる職務要件や実績のレベルは限定的で高くなる一方、求人数は少なくなるため、転職の門は狭まっていきます。

年齢が高くなるほど転職の負担は大きくなる

あわせて、年を取るごとに転職に対する適応性は低くなっていき、ストレスは高まります。

ひとつの会社に長く勤めていると、どうしても、その会社の仕事や人間関係が身体に染み付いてしまい、新たな環境に馴染みにくくなるからです。

20代・30代でも、転職は心理的な負担が大きいもの。

これが40代・50代となってくると、ストレス度合いはさらに大きくなりますし、転職できても、新しい組織への適応性は下っているので、うまくいかない可能性が高まるのですね。

今の会社は、定年まで安泰か?

急激なIT化の進展によって、産業構造は大きく変わりつつあり、どの企業も生き残りのため、自ら変革を続けています。

かたや、日本の産業を引っ張ってきた家電メーカーや自動車メーカーに見られるように、国内の超優良といわれた企業ですら、資本と経営が外資に移るのが当たり前になっています。

大幅な事業領域・規模の縮小と、それに伴う人員の整理。どんな企業にあっても、10年・20年先も安泰とは言えないでしょう。

そして、そこに所属する社員一人ひとりもまた、10年・20年後、どのようになっているか、誰も分からないのです。

こんな不確実な状況の中、どうしても会社を辞めざるを得ない立場になったとして、それが初めての転職だったら、メンタル的な耐性は十分あるでしょうか?

もちろん、今、転職する先でも、同じような状況になる可能性は十分あります。

しかし、そのときに初めて転職に追いやられるのと、過去に転職した実績と精神力を持っているのとでは、どちらが「強い」か、答えは明らかですよね。

このような理由から、30代は転職を成功させるラストチャンスと考えられるのです。

work10

30代転職者に求められるもの

さて、30代の転職者に求められるものは、

特定の業務の経験やノウハウがあり、実務者として働けること

になります。

つまり、仕事における「専門性」が最優先されるのです。

今、転職を考えている方は、自分の「専門性」が何かをしっかりとたな卸しして、それを転職先にしっかりと伝えられるよう、整理することが大切です。

将来的には転職をするかもと考えている方は、現在の仕事の中で、ご自身の「専門性」を深めることをおすすめします。

どちらにしても、転職先の企業が求める「専門性」には裏付けが必要であり、それは現在の会社での実績を示すことが、最も納得性が高いですから。

キャリアチェンジのラストチャンス

一方、現在までに経験してきた業種や職種とは、全く違った世界でチャレンジしたいと考えている方がいらっしゃるかもしれません。

このような「キャリアチェンジ」を30代で行うのは、「第二新卒」に比べると、残念ながら非常に不利といわざるを得ません。

しかし、どうしてもやりたいことがあるのならば、チャレンジすべきですよね。

40代・50代になると、キャリアダウン以外の「キャリアチェンジ」はまず困難です。

その時になって、「やっぱり転職しておけば良かった」と後悔するくらいなら、30代のうちにチャレンジしてみるのも大切なことです。

転職エージェントのサポートを得よう

「現在の専門性を活かす」、「キャリアチェンジにチャレンジする」、いずれの場合も転職エージェントにサポートしてもらうことをおすすめします。

自分の強みを見出す、業界の現状を把握する、あるいは、「キャリアチェンジ」に必要なことを知る・・・。

転職エージェントのコンサルタントは、転職に関する様々な悩みに対して、きっと的確にアドバイスしてくれることでしょう。

複数の転職エージェント、少なくとも3社に登録して、転職情報を収集し、転職状況を把握しながら、より良い転職活動を行ってください。

30代の転職におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント 

もっともおすすめの転職エージェント。

転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。 あわせて、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのも提供してくれます。

マイナビエージェント

東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の人事・採用担当との太いパイプを持ち、豊富な求人が魅力。20~30代に転職サポートに強みがあります。

DODA

業界・職種に精通した専任のコンサルタントが、キャリアやスキルを総合的に判断し、現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

ハイクラス転職サイト

ビズリーチ

現在会員数80,000名以上、掲載求人数5,900件以上ヘッドハンター520名以上の日本最大級の管理職向け転職サイトです。

転職市場や自分の価値を知るサイト

MIIDAS(ミーダス)

簡単な入力を行うだけで、200万人の年収データをもとに、労働市場における自分の価値を無料で診断てくれます。

あわせて読みたい

第二新卒は金の卵!転職市場では、第二新卒の求人がアツい
大企業が第二新卒を採用したがるのは、こんな理由があった?!
第二新卒が転職活動をするほうが、新卒が就職活動するより圧倒的に有利な3つの理由
20代前半でも転職の最大の武器は「経験」。その簡単な理由とは?
30代転職者が狙うべき求人ニーズとは?