職務経歴書を制するものは転職を制す!職務経歴書の基本の基本とは?

転職活動を始めて、まず最初に悩むのが、応募書類の作成です。

転職時の応募書類は、

  • 添え状
  • 履歴書
  • 職務経歴書

の3点を準備することとなり、そのなかでも最も重要な書類は職務経歴書です。

ところで、職務経歴書って一体何のことでしょうか・・・?

work48

スポンサーリンク

職務経歴書は最重要書類

企業の求人に対する転職者の最初のアプローチは、応募書類を提出することです。

企業側は、応募された書類を見て一次選考を行い、これをパスした人だけが二次選考となる面接の機会を得ることになります。

いくら優秀な人材であっても、応募書類が魅力的でなければ、企業は面接してくれません。

まさに、応募書類が、転職活動の第一関門だと言ってよいでしょう。

その中でも、転職者のビジネスパーソンとしての「事実」を最も端的に出せるのが職務経歴書であり、これをもって一次選考を行っていると考えるべきなのです。

職務経歴書とは何か?

職務経歴書とは、転職者の経験や実績、スキルとノウハウをアピールをするものです。

具体的には、これまでどんな会社で、どのような仕事を行い、どのような能力を発揮してきたかを、企業に対してプレゼンテーションする書類と言えます。

職務経歴書の種類

職務経歴書に書く項目は、これまでの「仕事における経験・実績」、そして、これらをベースとした「スキル・ノウハウ」であり、特定のフォーマットはありません。

職務経歴書の記述の仕方には、

  • 年代式
  • 逆年代式
  • 職能別(専門別)

の3つの方式があります。

そして、共通して大切なのが、「略歴」です。

略歴

略歴は、詳しい経歴本文を読んでもらうための導入文です。

ここで、採用担当者が関心を持てば、経歴本文も読んでもらえるのですが、そうでなければ・・・、たった数秒で「不採用決定」となることも。

まずは、担当者を読む気にさせるフォーマットと、企業のニーズに合った能力が記述されていることが求められます。

年代式

職歴が短い人や転職歴が少ない人向けの書き方です。

初めての仕事から現在まで、年代を追って書いていくことで、仕事の経験が積み上がる経緯がわかりやすくなる方式です。

逆年代式

転職者に最も適した書き方です。

現在から過去へさかのぼって書いていくことで、直近の職務や能力を最も強調する方式となり、企業が転職者に求める「即戦力」としての能力がわかりやすくなのです。

職能別(専門別)

転職歴の多い人や専門性の高い人に適した書き方です。

年代や経歴に関わらず、経験・業績・能力を強調することができます。

まとめ

以上のように職務経歴書は転職において、最も重要な書類となります。

自分の経験や実績は何か、どんなスキルとノウハウを持っているかをアピールする第一歩であり、転職の成否は、全て職務経歴書の出来如何だと考えて、頑張って書いていきましょう!

あわせて読みたい
採用担当者が職務経歴書を見るポイントは、ズバリ、この3つ!
採用担当者に読まれる職務経歴書を書くために絶対意識すべき4つのこと
職務経歴書で活用したい積極的なキーワード80語句
職務経歴書の実践的な書き方-基本編
職務経歴書の実践的な書き方-応用編