採用担当者が職務経歴書を見るポイントは、ズバリ、この3つ!

転職において、職務経歴書は最重要書類です。

まず、採用担当者の目に留まるか、内容を読んでもらえるかが、まさに転職活動における第一関門となります。

では、採用担当者は職務経歴書のどこを見ているのでしょうか?

スポンサーリンク

企業は「職務経歴書」から何を見ているか

企業の採用担当者が職務経歴書で見るポイントは、ズバリ、

  1. 汎用的なビジネススキルを持っているか
  2. 企業が求める能力を持っているか
  3. 企業に合致した人間性であるか

の3点です。

work41

汎用的なビジネススキルを持っているか

1の「汎用的なビジネススキルを持っているか」とは、どの会社でも求められるビジネスマンとしてのベーシックなスキルのことであり、職務経歴書の書式全体から読み取れるものです。

例えば、職務経歴書を一見したときに、細かい文字でギュウギュウに書き込まれていると、読む気になりません。

相手に分かりやすく伝える配慮や、資料作成も含めたプレゼンテーション能力が無いと判断されます。

読んでみて、「誤字脱字がある」、「句読点や接続詞の使い方がおかしい」、「不要な情報がダラダラと書き綴られているだけで何が言いたいのか分からない」、「論旨が一貫していない」などと言った内容だと、文章力が無い、ポイントを把握する力が無い、論理性が無いと判断されてしまいます。

また、書かれている内容から、応募者がどういった仕事を、どの程度担ってきたかが分かります。採用担当者は、それらから、どのようなビジネススキルを持っているかを読み取るのですね。

このように、直接・間接を問わず、職務経歴書から応募者のビジネススキルが分かるものなのです。

企業が求める能力を持っているか

これは、企業の人材ニーズによって大きく2つに分かれます。

1つは経験者、もう1つはポテンシャルです。

経験者採用

経験者を採用する場合は、入社後どんな仕事を担当させるかは、すでに決まっており、その仕事を遂行できる能力を持っているかどうかがチェックされるのです。

基本的には、業務経験はあるか、何年くらいやっていたか、どれくらいのスキルがあるかが見られます。

しかし、企業の人材ニーズは、さらに絞られたものになります。

と言うのも、例えば、経理という仕事でも、日常的な請求事務や出納業務から決算書の作成、さらには、IRや行政対応まで幅広いものですが、このうちのどれを担当させるのかによって、求める能力は変わってくるからです。

したがって、 まずは企業の応募要項をしっかりと確認し、職務経歴書には、それを充たしていることが採用担当者にしっかりと伝わるように書く必要があります。

ポテンシャル採用

職務経験の有無に関わらず、優秀な人材を採用したいというニーズもあります。

主には新卒者が該当しますが、第二新卒など若年層も対象であり、入社後に育成することが前提となった人材募集ですね。

この場合、職務経歴書では、自身の職務よりも仕事に対する意欲や人間性をアピールすることになります。

企業に合致した人間性であるか

一言で書くと、「社風に合うか」どうかが見られます。

仕事に対する考え方、進め方などの仕事のスタイルはもちろん、組織人としての考え方なども職務経歴書からある程度は読み取れるのです。

しかしながら、人間性そのものは、実際に会って話をしても、なかなか分からないもの。

<p職務経歴書では、社風を中心にその企業の情報をしっかりと収集しているか、理解しているか、そして、社風と自分自身の合致度をどう解釈しているか、が見られると考えてください。

まとめ

採用担当者が職務経歴書を見る際の3つのポイント

  1. 汎用的なビジネススキルを持っているか
  2. 企業が求める能力を持っているか
  3. 企業に合致した人間性であるか

あわせて読みたい

職務経歴書を制するものは転職を制す!職務経歴書の基本の基本とは?
採用担当者に読まれる職務経歴書を書くために絶対意識すべき4つのこと
職務経歴書で活用したい積極的なキーワード80語句
職務経歴書の実践的な書き方-基本編
職務経歴書の実践的な書き方-応用編