30代転職者が狙うべき求人ニーズとは?

企業が中途採用を行うのは、

  • 欠員補充
  • 事業拡大
  • 新規事業進出

の3つが背景にあり、それぞれの求人ニーズは、

  • 欠員補充は、退職者が出てその穴埋めをするため、その業務の経験やノウハウがある人
  • 事業拡大は実務者として働ける人
  • 新規事業進出は、社内にはない経験・スキル・ノウハウを持ったリーダー級の人と、実務者として働ける人

となります。

欠員補充は即戦力としての能力そのものが求められるのに対し、事業拡大と新規事業進出では求人ニーズの幅があります。

では、30代での転職者は、どこを狙っていけばよいでしょうか?

スポンサーリンク

30代転職者に求められること

30代の転職者は、企業にとって「即戦力」であることが求められます。20代後半においても、同様の働きぶりがあると言ってよいでしょう。

30代であれば、必要なビジネスマナーや企業人としての自覚は兼ね添えているのはもちろん、前職において相当の実務経験があり、その能力や実行力を企業が「買う」わけですね。

work48

30代転職者が狙うべき求人ニーズとは?

上述の3つの企業の求人ニーズに照らし合わせたとき、30代転職者が狙うべきは一体、何になるでしょうか?

結論は、3つとも全部、となります。

こう書くと、「何だ、それ?いい加減だな」と思われたかもしれませんね(笑)。

しかし、実際の転職市場での求人ニーズは、20代後半から30代前半にかけてが最も多く、幅広いのです。

したがって、自分自身の実務能力や経験をもって、ニーズのある企業を選べば良い、ということになるのです。

言い方を替えれば、現在は、「30代転職者の売り手市場」と言えるのです。

これが、40代になってくると、求人ニーズはマネジメント力に比重が置かれます。

求人自体が少ないので、マネジメント経験がない人はもちろん、少ない人も転職は非常に狭き門となっています。

さらに、50代となると・・・。

こう考えると、30代はステップアップできる転職の適齢期と言えるのですね。

30代の転職を成功させるスタンス

現在、転職活動を行っている方は、まずは自分自身の強みをはっきり自覚することが大切ですよね。

これまでの仕事をしっかりとたな卸しして、どんな実務経験があるか、能力やノウハウを持っているかを把握しましょう。

平行しながら、自分にマッチした求人を探し出し、それを「即戦力」として企業に売り込むというスタンスで望むと、転職の成功率はグンと上がるはずです。

もし、自分の強みや企業の求人ニーズが掴めていなければ、転職エージェントに相談してみましょう。

必ず、何らかのヒントをもらえるはずです。

30代の転職におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント 

転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。 あわせて、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのも提供してくれます。

マイナビエージェント

東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の人事・採用担当との太いパイプを持ち、豊富な求人が魅力。20~30代に転職サポートに強みがあります。

DODA

業界・職種に精通した専任のコンサルタントが、キャリアやスキルを総合的に判断し、現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

ビズリーチ

現在会員数80,000名以上、掲載求人数5,900件以上ヘッドハンター520名以上の日本最大級の管理職向け転職サイトです。

転職市場や自分の価値を知るサイト

ピタジョブ

無料の会員登録は(メールアドレス、生年月日、性別、パスワード)4項目を入力するだけ。自分にピッタリが見つかる転職サイトです。

MIIDAS(ミーダス)

簡単な入力を行うだけで、200万人の年収データをもとに、労働市場における自分の価値を無料で診断てくれます。

<あわせて読みたい>

第二新卒は金の卵!転職市場では、第二新卒の求人がアツい
大企業が第二新卒を採用したがるのは、こんな理由があった?!
第二新卒が転職活動をするほうが、新卒が就職活動するより圧倒的に有利な3つの理由
20代前半でも転職の最大の武器は「経験」。その簡単な理由とは?
30代転職者が狙うべき求人ニーズとは?