転職活動の履歴書で重要なのは「志望動機」と「顔写真」だけ。その単純な理由とは?

転職活動で、転職先企業に提出する応募書類は、

  • 添え状
  • 履歴書
  • 職務経歴書

の3種類となります。

添え状は、書類を送付する目的や同封物の内訳を書き記した書類で、ビジネス文書として必須のものです。

ここに、自己PRと志望動機などを書き込み、いわば「自分自身の紹介状」として活用します。

一方、本書となる履歴書と職務経歴書は、自分の職務について記入するので、とても似ていますが、その目的は決定的に異なってきます。

スポンサーリンク

履歴書と職務経歴書の違い

履歴書

履歴書は、基本的な「個人情報」を、形式に従って提供するための書類です。

記入する項目は、住所・氏名はもちろんですが、学歴、職歴、志望動機、免許・資格、特技、趣味などで、市販の定型書式を用いて構いません。

学歴欄には、概ね中学校から記入し、大学は学部名や専攻も記入します。

職歴欄では、勤務先の会社名、部署名、役職、入退社日といった基本的な事項のみを記入します。

職務経歴書

職務経歴書は、ビジネスパーソンとしての自分自身をアピールするための書類です。

職務実績を通じて、経験や成果、スキルなどを細かく記すことで、自分自身をアピールするのです。

書式は自由度が高く、いかに自分をプレゼンテーションできるか、腕の見せどころとなりますね。

このように、履歴書と職務経歴書とでは、目的が異なるため、自ずと書く内容も異なるのですね。

work12

 履歴書で重要な「志望動機」と「顔写真」

採用する企業は、職務経歴書を重視するのが一般的です。

また、履歴書に書かれている個人情報は、入社が決まるまで企業にとっては、あまり必要がありません。

しかし、履歴書には非常に重要な要素があるのです。

それは、「志望動機」と「顔写真」

極端な話、企業の採用担当は、履歴書のこの2つだけしかチェックしない可能性があり、さらに、大量の応募があった場合、この2つを見ただけで一次選考を済ませてしまうケースもあります

履歴書の志望動機は、それだけ重みのある項目だと理解したうえで、しっかり書きましょう。

履歴書の志望動機の書き方

志望動機には、なぜ自分が転職先企業に入社したいのかを書き込みます。

その際、意識したいのが、

  • 自分にとっての転職先企業の魅力は何か
  • 自分は何をもってどう貢献できるか

をはっきり書くことです。

そして、「自分が貢献できること」が、職務経歴書で裏づけされていることが大切になります。

履歴書の志望動機と職務経歴書に書かれている自身のアピールポイントは、しっかりとリンケージさせましょう。

自分本位の志望動機は絶対NG

志望動機の欄に、

  • 自分が成長できる会社だから
  • 自分のキャリアアップを図りたいから
  • 自分がやりたいことができるから

など、自分本位なことを書く人がいますが、これは絶対にやめましょう。

もし、あなたが採用担当者だとして、このような志望動機を読んだら、どのように思うでしょうか?

「そのように考えるのはあなたの勝手。ところで、あなたは会社に何をしてくれるの?」

このように考えるのではないでしょうか?

良かれと思って書いた志望動機なのに、不要な情報が書かれているうえに採用担当者の疑問に明確な回答がない以上、評価を決定的に下げているのです。

こうなると、職務経歴書を読まれる前に不採用となってしまうのです。

くれぐれも、ご注意ください。

おわりに

履歴書は、一度、作成するとほとんど書き換えをする必要はありません。

しかし、「志望動機」だけは、転職先企業の意に沿うよう、精一杯、工夫して書きましょう。

<あわせて読みたい>