採用面接には、転職先企業と転職希望者双方に目的がある

転職活動で、面接に呼ばれたということは、応募者の業務実績や経験、ノウハウなどが、転職先企業のニーズに叶うものだったことを意味しています。

つまり、内定までかなり近づいたといえるでしょう。

しかし、まだ決定ではありません。

企業によっては、多くの人材と会ったうえで、最終決定する場合も多く、まだまだ安心できる状況ではないのです。

スポンサーリンク

採用面接は転職先企業だけのもの?

ところで、そもそも採用面接は、転職先企業が応募者を見て判断するだけのものでしょうか?

転職の場合、会社訪問・OB訪問などを行わずに応募するケースが多いため、面接の場が転職先企業を初めて訪問し、その社員と会う機会となることも十分考えられます。

初めて転職先企業と接する機会、それは採用面接をうまく乗り切るだけではなく、応募者自身がその企業をチェックする場ともいえます。

ここでは、採用面接の目的を、転職先企業と転職希望者の両面から考えて見ます。

work15

転職企業の目的

転職者を募集している企業が行う採用面接の目的は、

  • 能力があるか
  • 意欲があるか
  • 人柄はどうか

の3点を見極め、実際に採用するかどうかを判断することにあります。

能力があるか

ここでいう能力とは、履歴書や職務経歴書に書かれている内容が、どのレベルかをチェックすることと言えます。

既に書類選考を通過していますので、企業側のニーズは一定レベル、クリアしているのですが、それはあくまで書類上のことであり、かつ、応募者の主観によるものです。

実際に会って、具体的なことを聞いていくうえで、実際に転職先企業で通用する能力があるかどうかが判断されるのです。

意欲があるか

これも同じく、書類のうえでは把握できないその人の意欲を確認することが目的となります。

転職の動機や仕事に対する熱意などがチェックされます。

人柄はどうか

組織風土に馴染めそうか、適応力はどうか、そして、何よりコミュニケーション能力はどうかがチェックされます。

これらの要素は、実際に会ってみないとわかりませんし、逆に会うとすぐにわかることでもあります。

転職先企業にとっては、最も重要な要素なのです。

応募者がなすべきこと

応募者にとっては、

  • 転職先企業が、自分に適しているか

を確認する場となります。

この適しているかとは、

  • 仕事そのものが自分に適しているか
  • 働き続けられる職場風土か

の2点となり、ある意味、転職先企業の採用担当者と同じポイントでチェックすることになります。

これまでは、ホームページなどの文字情報や転職エージェントからの情報しかありませんでしたが、実際にその企業に足を運び、社員と話すことで、具体的な仕事が見えてきますし、その企業が持つ雰囲気も感じ取ることができます。

これらをチェックし、場合によっては面接の場で質問することによって、本当に転職すべき企業であるかを判断するようにしましょう。

おわりに

転職者には、はやく就職を決めたいという気持ちが強いので、ややもすると「自分が試される場」としか考えられないものです。

しかし、採用面接は、転職先企業、応募者双方が、お互いを確認する場と考えるべきなのです。

また、転職先企業をチェックするという考えは、採用面接を受動的なものから能動的なものへと意識が変わります。

これによって、心の余裕が生まれ、もっと自信が持てるようになるのです。

採用面接は、その目的をしっかりと把握したうえで臨みたいものですね。

あわせて読みたい