転職時の採用面接の流れと注意事項を把握して内定をゲットしよう

転職時の採用面接は、企業によって形式は異なるものの、新卒採用の面接に比べると、バリエーションは少なく、はるかにオーソドックだと言えるでしょう。

こちらでは、一般的な転職時の採用面接の流れを記します。

work15

スポンサーリンク

面接のスタイル

転職者を対象とした採用面接は、ほとんどの場合、個人面接のスタイルがとられます。

応募者の能力や人柄などを見ることが目的ですので、じっくりと対話しながら確認する方式が取られます。

*2次・3次面接と複数回実施される場合は、初回面接は集団で行われる場合もあります。

面接の流れと時間

面接の流れは

  • 導入
  • 質疑応答
  • 締めくくり

となり、面接時間は、目安として30分から1時間程度実施される場合が多いです。

導入

導入は、その企業の玄関に入った時点で始まっています。

受付でのあいさつ、控え室での待機状況など、面接が始まるまでの所作もチェックされていると知っておきましょう。

また、面接者と初めて会う場面も非常に重要です。

よく、「採用は最初の5分で決まる」と言われますが、外見の印象はもちろん、最初の5分の間に行う所作から、態度やビジネスマナー、そして、コミュニケーション能力までチェックされます。

そして、この第一印象を確認するように面接が進められるため、一度持たれた印象は、そう簡単にひっくり返るものではありません。

導入においては、礼儀正しく、明るく、元気よく、面接者に好感を持たれるような所作となるよう心がけましょう。

質疑応答

主に職務経歴書に書かれた内容を、面接官から確認される場であり、採用面接のメインとなります。

応募者は、質問に答えながら、自身の意欲や能力、業務実績などなどを積極的にアピールします。

ここで重要なのは、職務経歴書に書いたことが形を変えて質問される、ということ。

なので、自身の職務経歴書二何を書いたかを把握したうえで、的確に回答できることが求められます。

その際、できるだけ具体的かつ客観的に説明できないと、面接者に正しく理解してもらえませんので、しっかりとした事前準備が必要です。

言わずもがなですが、しどろもどろになったり、職務経歴書と全く違う内容をしゃべったりするとアウトです。

締めくくり

面接も終盤になると、勤務条件に関する要望や、その他 フリーな質問はないかと聞かれます。

勤務条件については、要望があればそれを伝え、なければ「御社の規定に従います」と答えてよいでしょう。

「何かご質問はありますか?」というフリーな質問に対しては、自身の意欲の強さが伝わる質問をするようにしましょう。

「特にありません」と答えてしまうと、やる気は伝わりませんので。

だからといって、ここで「入社した暁には自分は、このように役立てる」といったアピールを熱く行うのは考えもの。

このアピールは、質疑応答で既に完了していますので、かえって悪い印象を与えかねません。

「一生懸命、頑張らせていただきます。よろしくお願いいたします」程度で留めておくべきですね。

まとめ

転職エージェントに登録している方は、転職コンサルタントから採用面接が決まった旨の連絡をもらうことになります。

その際、その企業の面接のスタイルや質問される項目、そして、注意事項を、必ず転職コンサルタントに確認してください。

これをベースに、事前準備を行いましょう。

*もし転職エージェントに登録していないと、それだけ面接は不利になります。いますぐ、登録することをおすすめします!

おすすめの転職エージェント

こちらの転職エージェントは信用と実績のある会社です。できれば4社全てに登録して自分にあった会社を絞り込むようにしてください。

以上のような採用面接の流れを把握し、しっかりと面接に臨みたいものですね。

あわせて読みたい