好感を勝ち取る採用面接での服装・身なり・態度・表情

小汚い服装にふてぶてしい態度、そして、あからさまに嫌そうな表情・・・。

さすがに採用面接で、このような人はいない(少ない?)と思います。

が、TPOを外してしまったり、緊張のあまり仏頂面していたりと言ったことは、誰にでも起こりえますよね。

「人は見た目が9割」というくらい、面接において外見は重要。

こちらでは、どのようなことを意識すべきかを記します。

スポンサーリンク

好感を勝ち取る服装

服装は、基本的には地味でオーソドックスなものにしましょう。

よく転職先の業界にふさわしい服装で臨むべきと言われますが、ラフすぎるのは考えもの。

実際、ネット系のゲーム業界だから、と柄シャツにスニーカーで面接に行ったところ、面接者は全員、スーツにネクタイで、とてもバツの悪い思いをしたという話を聞いたことがあります。

(この人は、面接で不採用となりました。もちろん、服装だけの問題ではなかったかもしれませんが・・・)

そして、「服装が心配だったら、その会社に下見に行けばよい」とのアドバイスもありますが、これは間違い。

職種によって服装がマチマチとなっているのは、よくある話です。

そして、人事や総務の人は比較的、地味な服装で出勤している人が多いですし、普段はラフな格好でも、「応募者への礼儀」として、採用面接を行う日だけは、しっかりとスーツを着てくる面接者もいますから。

どのような状況であっても、「失礼でない」ためには、やはり、地味なスーツにネクタイが無難です。シワのないスーツ・シャツであることは、言うもでもありません。

「服装が堅苦しすぎる」といって不採用になることなど、ありえませんから(笑)。

好感を勝ち取る身なり

男性の不精ヒゲは絶対NG、また、会社によってはヒゲ自体がNGのところもあります。

転職活動している人は、よほどでない限りヒゲは剃っておいた方が無難です。

また、男性のピアスを極端に嫌う会社も多いので、気をつけてくださいね。

女性は化粧と装飾品。いずれも派手にならないように。

こんなお化粧は・・・、派手以前の問題ですね・笑。

work18

また、男性・女性とも、髪型はスッキリと整えておきましょう。

整った髪は、清潔感と真面目さ、そして、明るさを印象つけてくれますよ。

好感を勝ち取る態度・表情

態度と表情は、言葉以上に強い印象を与えます。ビジネスパーソンにふさわしいものとしましょう。

  • きちんとあいさつする
  • 面接者の目を見る
  • 浅めに腰掛ける
  • 背筋は伸ばす
  • 手は適度に動かす

そして、できるだけ微笑みを絶やさないことが大切です。

採用面接は、転職者にとってまさに勝負のとき。ビジネスパーソンとして恥ずかしくない外見で、しっかりと臨みましょう!

<あわせて読みたい>