「退職願」と「退職届」、転職者ならその違いと書き方・出し方を知っておこう

テレビドラマで、

「陰険な上司のいじめに耐え切れず、『辞表』を叩きつける」

といったシーンを見たことは、ありませんか?

我慢に我慢を重ねて、ついに堪忍袋の尾が切れる。

ドラマ的には見せ場であり、見ているほうは胸のすくシーンではありますが、実はこれ、大きなミスがあるのです。

というのは、「辞表」とは、いわゆる役職者がその役を辞するときに提出するもの。

公的な組織や会社の役員クラス、また、公務員などは「辞表」を使用しますが、一般的なサラリーマンが出すものは、「退職願」か「退職届」です。

くれぐれも、お間違いなきように。

work01

スポンサーリンク

「退職願」や「退職届」を出すときとは?

「退職願」と「退職届」、いずれも会社を辞めるときに提出するものですが、これらは自らの意思で退職する場合、つまり、自己都合で退職する際に提出する書類です。

定年退職や契約期間の満了では、出す必要はありません。

また、ドラマなどで、不始末を起こした社員に対して「辞表を出せ!」と上司が迫るシーンを見たことがあると思いますが、これは「会社を辞めろ」と迫っているわけですね。

懲戒処分で「諭旨免職」にあたるケース、「自分から辞めるのなら、懲戒解雇はカンベンしてやる」(クビではありませんので、退職金は支給されます)といった主旨ですが、実際、会社ではよくある話のようです・・・。

もちろん、このときは「辞表」ではなく、「退職届」を提出することになります。

【スポンサーリンク】



「退職願」と「退職届」の違いとは?

ところで、「退職願」と「退職届」の違いとは一体、何でしょうか?

簡単に書くと、

「退職願」は、退職を願い出ることで、後から撤回できるもの

「退職届」は、退職を届け出ることで、後から撤回できないもの

となります。

社員の待遇改善を求めるなど、会社を辞める覚悟をもって会社にものを申す際は、「退職願」を差し出します。

会社がこれに応じてくれれば、「退職願」は撤回し、引き続きその会社の社員として仕事を続けられます。

ところが、もし、「退職届」を出してしまうと、そのまま受理されて、本当に会社を辞めなければならなくなります。ご注意を。

一方、どんなに引き止められようが、絶対に会社を辞めると決意が変わらない場合は、「退職届」を出すことになりますが・・・、上司への相談など何の前触れもなく、いきなり「退職届」を出すというのは、日本の会社では、あまりなじまないやり方と言えるでしょう。

転職時の退職の伝え方

転職活動をされている方は、転職先が決まってから退職する旨を直属の上司に伝えることになります。

その際、いきなり「退職届」は出さず、口頭で退職する旨を伝えるべきです。

部下から「会社を辞めます」といわれたら、上司はかなり困るのです。

そこに、「何がなんでも絶対に会社を辞める」との意思表示である「退職届」を出されたら、ただでさえ感情的になっている上司の神経を、さらに逆撫ですることになるからです。

きれいに転職したいのであれば、前職を円満退社することは鉄則です。

自分から、「ケンカを売る」ような行動を取るべきではないですよね。

もちろん、この場で「退職届」を出さないからと言って、退職する気持ちには変わりがないでしょうから、会社を辞めるという意志はハッキリと述べるべきです。

おそらく、この後、1回か2回は上司とのやり取りがあって、実際に退職する日を決めてから、「退職届」を出すように指示されるでしょう。

退職を伝えるタイミング

法律では、退職を希望する日より、2週間前までに伝えれば良いこととなっています。

しかし、仕事の引継や欠員補充など会社側が行う手立てを考えると、最低でも1ヶ月前には伝えたいところです。

転職先と入社日の調整もあることでしょうが、円満退社を行うためには、できるだけの配慮はすべきですね。

退職届に書く内容

退職届は、基本はA4の用紙に手書き・縦書きで書きます。

内容は、

退職理由・退職年月日・退職届提出年月日・本人所属・氏名・あて先(通常は社長)

であり、印鑑を押して提出します。

退職届自体は、事務整理上必要な書類なので、通常は、「退職を届け出た事実」がハッキリしていればそれで十分なのです。

したがって、退職理由は「一身上の都合により」でOKです。

が、稀に退職理由を具体的に記せといわれるケースがありますので、その際は差し障りがない文言を書けば良いでしょう。

まとめ

「退職願」と「退職届」の違いと、書き方・出し方の注意事項を記しました。

転職で成功するには、円満退社が鉄則。

会社や上司・同僚に配慮したスマートな退職がなされることを願っています。

おすすめの口コミ転職サイト

「キャリコネ転職サービス」は、数十万件以上の企業の口コミを無料で見ることができる転職サイトです。

現役社員や元社員による口コミ情報、これを読むと、どのような職場環境なのかが良く分かり、ブラック企業かホワイト企業か一発でわかります!

また、こちらに登録すると、「DODA」をはじめ、複数の転職エージェントの無料相談を簡単に受けることができるのです。

転職活動中の方はもちろん、転職を検討している方で、様々な企業の実態を知りたい方は、ぜひとも登録することをおすすめします。

登録はこちらから → 「キャリコネ転職サービス」


あわせて読みたい

会社にバレたら一大事!転職活動を秘密にするべき単純な理由
転職活動を会社に秘密にしておくために気をつけること
部下が退職を伝えたときの上司の反応