転職で無駄な回り道をせずに成功するための7つの転職条件の整理の仕方

転職をするとき、あなた自身が、

  • どのような転職をしたいのか
  • 何にこだわるのか

など、ご自身が希望する転職条件をあらかじめ整理しておくことは、とても大切です。

転職の条件を整理を行うことこそが、転職に成功する第一歩となるからす。

とはいっても、どんな項目を整理すれば良いのか、そもそも何から始めれば良いのか、なかなかわからないものですよね。

そこで、転職で無駄な回り道をせずに成功するための転職条件の整理の仕方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ、転職条件を整理する必要があるのか?

まず最初に、自分はどのような転職をしたいのか、ぼんやりと考えていることをハッキリさせることです。

誰でも最初のとっかかりは、

「なんとなく転職しようかと考えているんだけど・・・」

と言ったところからのスタートとなります。

この「なんとなく」をできるだけ具体的にすることが、自分のやりたいことをハッキリさせることにつながっていきます。

自分の希望をハッキリさせることができれば、あなたの希望にそった求人情報を探したり、家族や友人・知人、そして、転職エージェントのコンサルタントに相談することができます。

場合によっては、転職をやめると判断することもあるでしょう。

逆に、自分の希望をハッキリさせられないと、転職条件は漠然としたままで、その時の気分によって考えがグラグラと変わります。

自分が何をやりたいのか、どうなりたいのかがあやふやだと自分で求人情報を探そうとしてもうまくいきませんし、転職エージェントのコンサルタントに依頼しても、受けるほうは、「で、一体、何をどういう風にしたいわけ?」と、助けようもありません。

転職条件を整理することは、転職活動の第一歩。

無駄な回り道をせずに、無事にゴールに到達できるように、しっかりと取り組みたいものです。

整理すべき転職条件とは?

整理すべき転職条件は、概ね以下の7項目となります。

仕事内容

  • 業界
  • 職種
  • 役職

雇用形態

  • 正社員か、非正社員か。
  • また、非正社員でも、将来、正社員化を前提とした契約・派遣社員か

希望の収入

  • 月収・年収の幅
  • 最低金額
  • 賞与の有無
  • 社会保険の有無・土日・休日の扱い・残業の有無

会社の規模・属性

  • 大企業・中小企業・零細企業
  • 日系・外資系

勤務場所

  • 転居の可否
  • 通勤時間
  • 転勤の可否(海外赴任を含む)

勤務開始時期

  • すぐ・1ヶ月以内・3ヶ月以内・それ以上

その他の希望する条件

  • 勤務時間、退職金、60歳以降の取り扱い等

これらの転職条件を考えて、できるだけ書き留めておきましょう。

work51

転職条件はどうやって整理すれば良いのか?

自分の気持ちを素直に書き出す

転職条件を作成するにあたり、まずは自分の気持ちを「素直」に書いてみましょう。

はじめから「無理」とあきらめたり、変に遠慮して条件を下げることなく、思うところを素直に書き出すことからスタートするといいですよ。

それと、書き出すことを「面倒くさがらない」ようにしてくださいね(笑)。

極端な話、中身は何でも良いのでとにかく書くこと、これが一番大事です。

MUSTとWANTを区分する

書き出した転職条件の中には、

  • 何があっても絶対にこれだけは譲れない条件(MUST条件)

もあれば、

  • できればこうだったらいいなという条件(WANT条件)

もあるでしょう。

給料は最低いくら欲しいといったお金のことや、絶対にこの仕事をやりたいといった仕事の種類など、自分として徹底的にこだわりたいMUST条件をハッキリしましょう。

このMUST条件は、求人情報をチェックするときの最重要ポイントとします。これを満たさないものは、はじめから転職先候補から外すのですね。

というのも、MUST条件で妥協した場合、仮に転職できたとしても、必ず後悔することとになります。結果、転職先で長続きしないことが多いからなのです。

WANT条件は、どこまで譲歩できるかを考えてみましょう。

転居は出来ればしたくないとか、通勤時間は短いほど良いなど、優先順位は低いでしょうから、「絶対にここまで」ときっちりラインは決めなくても大丈夫です。

例えば、通勤時間は30分以内を希望するけれど、1時間くらいまでなら妥協する、といったことですね。

この幅を持つことで、転職のチャンスは格段に広がりますよ。

複数の希望があるときは優先順位をつける

ひとつの項目の中で複数の希望がある場合、例えば同じ営業でも、個店のルートセールスや法人対象の新規顧客開拓などを考えている場合は、それぞれに優先順位をつけておきましょう。

転職条件は見直す

こうやって順番に書き出していくと、転職条件の整理は、一旦はできました。

でも、これで終了ではなく、時間とともに見直していきましょう。

実際に転職活動を始めると、それまでまったく想像していなかったことが次々と起きるものなのです。

一番多いのが、「自分が考えていたのとは、実際とでは、全然違う」ということですが、これを分かりながら、それでも自分の転職条件にこだわり続けると、転職できる可能性はどんどん、小さくなっていきます。

妥協しすぎる必要はありませんが、現実にそって、転職条件を見直すことが必要なのですね。

転職エージェントに相談しよう

転職条件の設定についても、転職エージェントは大変、心強いサポーターとなってくれます。

転職エージェントのコンサルタントは、「ここはもっと欲張っても良いのではないか?」、「この項目は、もっと幅を持たないと現実的には難しい」など、プロの目から見たアドバイスを行ってくれるからです。

絶対にこだわりたいMUST条件も、転職活動の状況によっては見直す必要が出てくるかもしれません。そんなときも、転職エージェントのコンサルタントは、しっかりとアドバイスしてくれますよ。

<おすすめの転職エージェント>

転職サイトも活用しよう

とは言いながら、転職エージェントに登録して、コンサルタントと会ってアドバイスをもらうといのは、ぶっちゃけ「敷居が高い」という方もいらっしゃるでしょう。

「まだ、そこまで真剣に転職を考えていない」という方も、多いと思います。

そのような方は、まず、こちらの転職サイトをチェックしてみてください。

「キャリコネ転職サービス」

「キャリコネ転職サービス」には、数十万件以上の現役社員や元社員による口コミ情報が掲載されていますので、転職の条件を考えるうえで役に立つヒントがいっぱい乗っています。

本当に、おすすめですよ!

キャリコネ転職サービス」の解説記事は↓こちら↓

あわせて読みたい