ひと悶着を起こさずにスムーズに退職するための上司への伝え方

努力の甲斐があって、望む企業に転職が決まりました。

次はいよいよ、会社に退職する旨を伝えることになりますが、実はこのときに「ひと悶着」が置きやすいのです。

こちらでは、ひと悶着を起こさずにスムーズに退職を伝える具体的な方法をご紹介します。

スポンサーリンク

退職を伝える相手は直属の上司へ

まず大前提として、退職を伝える相手は直属の上司です。

例え、社長や人事部長と親しい間柄だったとしても、直属の上司を跳び越して話をするのは筋違いです。

もし、直属の上司以外の人に退職の旨を伝えたら、上司は必ずヘソを曲げてしまい「ひと悶着」が起きます。

例えイヤな上司、大嫌いな上司であっても、退職を最初に伝えるのは、直属の上司としましょう。

退職を伝える時期

申し出は早めに

退職を申し出るタイミングは、最低でも1ヶ月、できれば3ヶ月前に行いましょう。

特に、会社の就業規則などのルールで、「退職する者は、○ヶ月前までに申し出ること」と決められている場合がありますので、事前に確認のうえ、規則に則るようにしてください。

法律上は、直前に退職を申し出ても大丈夫なのですが、あまりに急な申し出は「ひと悶着」の原因となります。

忙しい時期は避ける

年末年始や年度末・年度明け、その他、会社が忙しく、上司も忙しい時期に申し出るのは避けるべきです。

退職と言うとても大切な話ですから、どんなに忙しくても、上司は必ず聞いてくれるはずです。

でも、忙しさゆえにイライラしている可能性が高く、話の場で感情的になってしまい「ひと悶着」起きるリスクが大きくなります。

上司もあなたも、時間的・精神的に落ち着いて話せるタイミングを狙って話をしましょう。

上司への退職の伝え方

アポイントを取るときに

退職を伝えるのは、事前に上司のアポイントを取ったうえで、会議室等の他の人がいない場所で行うのが原則です。

ところで、上司にアポイントを取るときは、

「今後のことでお話ししたいことがあります。お時間をいただきますようお願いします」

と伝えますよね。

すると、「え?何の話?今からでも聞くよ」との切り返しがあるかもしれません。

この場合は、そのまま退職を申し出ることになりますので、アポイントを取るときには、心の準備はしておいた方がいいですよ。

伝える内容

退職の申し出のポイントとしては、

「これまで大変お世話になりましたが、このたび退職させていただくこととしました」

と切り出したうえで、

自分の将来的な目標を述べ、それを実現するために「転職する」と伝え、一度、話を止めます。

その際、転職する意志が固いことが伝わるようにはっきりと話すことが大事です。

すると上司は、

「いつから転職を考えていたんだ?」

「転職先はどんな会社だ?」

「なぜその会社に転職を決めたのか?」

などなど、いろいろな質問してくるので、それに対して回答していくと良いでしょう。

上司からの反応は、こちらの記事をごらんください。

回答するときの注意点

退職の申し出に関して上司からの質問には、基本的には正直に答えて構いません。

しかし、「ひと悶着」起こさないためには、いくつかの注意点があります。

それは

  • 穏やかに話すこと
  • 職場への不満は言わないこと

です。

もしかしたら、上司からイヤミたっぷりの口調で、質問やコメントをされるかもしれません。

人によっては、罵声を浴びせてくるかも・・・。

でも、そのときに感情的になっても、何も良いことはないのですね。

例えどのような言われ方をしても、グッとこらえて、穏やかに対応するようにしましょう。

また、退職理由として「職場への不満」を言うことは、上司によっては「自分の落ち度を指摘されている」と受け止めるケースもあり、感情を逆撫でしてしまうこともあります。

あるいは、「だったら、その不満を解決するから辞めないでくれ」と慰留の口実を与えることになってしまいます。

あなたが転職するのは、職場への不満だけが理由ではないでしょう。まして、会社に残ったとしても、その不満が解消される保証などありません。

このように、職場への不満を言うと、それだけマイナスとなるのです。

退職時期を伝える

一般的に退職者が多いのは、3月・6月・12月の末日です。

3月は4月から転職する人、6月・12月はボーナスをもらってから辞める人が多いからですね。

このような「区切り目」に退職時期を合わせると、会社としても後任人事や仕事の引き継ぎなどをスムーズに進めやすいのです。

なので、あらかじめ転職先との調整のうえ、退職時期を3月・6月・12月の末日にしておき、上司に伝えると良いですね。

もちろん、転職先会社の都合があって、そう簡単に退職時期を決められないですし、それ以上にあなたが「今、すぐにでも退職したい」と思っていたら、そのときは3月・6月・12月の末日にこだわらなくてもいいですよ。

今後の段取りを確認する

口頭で退職の申し出を行って、上司の了承を取り付けたら、今後の段取りについてどうすれば良いかを上司に確認しましょう。

具体的には、

  • 退職届の提出月日
  • 先輩・同僚への周知
  • 仕事の引継
  • 社外へのあいさつ回り
  • その他、退職に要する事務手続き

などです。

おそらく、その全てに対して上司は即答できずに、「改めて指示する」との返事があるでしょうから、それに従うと良いですね。

退職を慰留されたら

「君は会社にとって必要な人材だから、辞められたら困る」

このように退職を慰留されるかもしれません。

でも、この一言で気持ちが変わるくらいなら、はじめから転職活動などしていないですよね。

この言葉はありがたく受け止めつつも、退職・転職の意思ははっきりと伝えるべきです。

退職時期を遅らせて欲しいと言われたら

仕事の引継や後任探しなどの準備があるから、できるだけ退職時期を後送りして欲しいと言われることもあるでしょう。

たしかに上司の立場では、できるだけ時間が欲しいところでしょうが、だからと言って、いつまでもズルズルと引き伸ばせるものでもありません。

退職の1~3ヶ月、または、それ以上前と早めに申し出るのは、会社に準備時間を持ってもらうためでもありますから。

ここでも、丁重にお断りするしかありませんし、そのことを気にしすぎる必要もありません。

まとめ

会社に退職を申し出る。

これをスムーズに行うことが、円満退社の秘訣であり、今の会社での残りの期間を平穏に過ごすためにも、とても大切となります。

タイミングを見はからって、ハッキリ、かつ、穏便に退職の意思を伝えるようにしましょう。

おすすめの転職エージェント

あわせてどうぞ