私が転職者向け採用説明会で感じた胡散臭さとそこで学んだ2つ教訓

転職活動をしている人にとって、採用面接はとっても緊張するものです。

「自分が試される場」としか考えられないですからね。

でも、よくよく考えてみると、転職者にとっては、転職先企業を直接確認できる数少ない場なのですよね。

会社や社員の様子を実際に見て、転職先企業の社員と直接話をし、いろいろと聞ける貴重な機会です。

なので、採用面接は、あなたが転職する先としてふさわしいかどうか、しっかりと見極める場だとも言えるのです。

ところで、世の中には、ブラック企業があります。

あるいは、ブラック企業と呼ぶほどヒドイくなくても、ギリギリのことをやっている会社、組織としてボロボロの会社、いい加減な会社などは、残念なことに結構、たくさんあるんですよね。

スポンサーリンク

私が胡散臭さを感じた会社の実例

私自身、転職活動をやっているときは、いくつもの会社の説明会や面接を受けました。

ごく稀でしたが、中には「ちょっと、これは・・・」と、とても胡散臭く思う会社があったのです。

そのときの様子をご紹介したいと思います。

人事労務系の会社

人事労務に関する業務を行っている会社の転職者向け採用説明会に行ったときの話です。

説明者として出てきたのは、ビジネスパーソンとして、いかがかと思ってしまう方でした。

身だしなみに違和感があった

まず、説明者の身だしなみが、

「こんな人が説明するって、大丈夫か?この会社」

と思えるものだったのです。

一応、スーツとネクタイは着用していました。

でも、スーツはエビ茶色の派手なダブルで、紫色のシャツ、そして、大柄のネクタイという服装だったのです。

長めの髪を金に近い色に染め、薄い紫色をしたメガネをかけていました。

見た印象は、アングラ系の金融の取り立て屋そのものでしたね(笑)。

業界によっては、このような服装は当たり前なのかもしれません。

また、私の考え方が古いのかもしれません。

でも、少なくとも人事労務を担う会社としては似つかわしくないと思いました。

まして、採用説明会のような公式の場に登壇する身だしなみとしては、いかがかなものか?と思うような服装をされていたのです。

この時点で、私の入社意欲は半減したのですが・・・。

業務内容について、ハッキリとしゃべらない

採用に関する説明では、一通りの話はありました。

全般的に具体性に欠けるものであり、説明者の個人的な話と入社後の心構えのような精神論的な話が多かったように記憶しています。

説明会の参加者から、個別の業務内容についての質問が出たのですが、

「それは入社した後に教えるから」

と具体的に答えませんでした。

また別の人は、「どのようなビジネスモデルで、どうやって利益を出しているのか?」と質問したのですが、「詳しいことは、話すわけにはいかない」と、これまた答えなかったのですね。

胡散臭いことこの上なく、「これは、危ない会社だな」と確信しました。

説明は続いていましたが、このままいても時間の無駄だと思い、途中で退出しました。

胡散臭さが残った

「あ~あ、無駄足だったな」

と思いつつも、一体どういう会社なのか気になったので、帰宅後、改めてインターネットで調べなおしてみました。

チェックしたのは、その会社の口コミ、もうひとつは、ビジネススキームです。

口コミについては、全くと言って良いほど、何の情報も出てきませんでした。

一方、ビジネススキームについては、詳しくは書けませんが、いわゆる「制度の盲点をついて、それを収益化しているもの」のようなのです。

違法とまではいかないものの、半ば詐欺まがいのやり口で利益を上げているということですね。

もちろんこれは、私が説明者の話したことをベースに調べたものですので、実際にその方法を行っているかどうかは分かりませんが・・・。

ただ、私としては、ただただ胡散臭さだけが残りました。

2つの教訓

さて、このときの経験を通じて、3つの教訓を得ることができたのです。

社員を見たときの直感を大切に

1つ目は、転職先会社に対する直感を大切にすること。

特に、転職を考えている会社の「社員」の身だしなみや受け答えに、直感として胡散臭さを感じたら、そこには、何らかの問題があるかもしれない、ということです。

事前の情報収集をしっかり行う

もう1つは、事前にしっかりと情報収集すべきであるということ。

この説明会は、ネットサーフィンをしているときに、たまたま見つけて参加したものです。

特段の事前準備もなく説明会に参加しただけですから、ダメージは半日をムダに潰した程度で済みました。

でも、もし、問題がある会社に、そうとは知らずに応募したとしたら・・・。

ホームページでの情報収集や職務経歴書の作成、面接の想定問答などなど、相当の時間と労力を費やすことになりますが、それらが全てムダになってしまいます。

さらに、もし、間違って入社と言うことになれば、本当に大失敗、とても大きなダメージを受けることになります。

なので、事前にできる限りの情報収集を行うべきだと思ったのです。

具体的な情報収集の方法は2つ。

ひとつは転職エージェントに登録すること。

転職エージェントに登録し、そこからの案件だったら、まず、こんな胡散臭い会社を紹介されることはありませんし、自力で情報収集しなくとも、さまざまな情報を提供してもらえるのです。

これ以降、求人情報は信頼できる転職サイトか転職エージェントから入手し、かつ、関心を持った会社については、転職エージェントのコンサルタントに詳しく教えてもらうようにしました。

そして、結果として、転職エージェントに登録することが、転職には一番有効だと確信するようになったのです。

もうひとつは口コミサイトをチェックすること。

ネットの口コミ情報には、あらゆるものが入り混じってて、何を信じてよいやらわかりません。

特に2●ャンネルなどの大型掲示板は、メチャクチャなことがたくさん書かれているので、正直、信用できないですよね。

でも、「キャリコネ転職サービス」には、信頼性の高い口コミ情報が数十万件以上掲載されているのです。

良いことも、悪いことも、その会社の現役社員や元社員が赤裸々につづっています。

この記事で書いた会社を「キャリコネ転職サービス」で、口コミ調べてみたところ・・・。

出てきました。やっぱり、「ブラック企業」でした。

詳細は、あえて記しませんが、相当ひどいことをしている会社だと言うのが、よく分かりました。

実際に説明会に行く前に、この口コミをチェックしておくべきだったと強く思いましたね。

おすすめの転職エージェント・転職サイト

<おすすめの転職エージェント>

リクルートエージェント 

転職エージェントの中で、一番の実績があるNO.1エージェント。

登録はこちらから → リクルートエージェント

マイナビエージェント

東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の人事・採用担当との太いパイプを持ち、豊富な求人が魅力です。

登録はこちらから → マイナビエージェント

マイナビジョブ20’S

マイナビの情報網を活かしつつも、20代という若年層に特化しているからこその強みを持つ転職エージェントです。

登録はこちらから → マイナビジョブ20’S

<おすすめの口コミ転職サイト>

そして、もうひとつ強くおすすめするのが、「キャリコネ転職サービス」です。

「キャリコネ転職サービス」に登録すると、数十万件以上の企業の口コミを無料で見ることができるのです。

現役社員や元社員による口コミ情報、これを読むと、どのような職場環境なのかが良く分かり、ブラック企業かホワイト企業か一発でわかります!

また、こちらに登録すると、「DODA」をはじめ、複数の転職エージェントの無料相談を簡単に受けることができるのです。

転職活動中の方はもちろん、転職を検討している方、あるいは様々な企業の実態を知りたいという方は、ぜひとも登録することをおすすめします。

↓ おすすめ ↓「キャリコネ転職サービス」

<あわせて読みたい記事>