「今の会社で続けられないか」を考えることが転職を成功させる第一歩となる理由

会社勤めをしている人にとって、会社は日々の多くの時間を費やす場所です。

転職とは、その多くの時間を費やす場所を変えることであり、まさに人生そのものを変えること。今と未来の自分自身を変えるのに、転職は非常に強力な方法と言えるでしょう。

しかし、闇雲に転職に突っ走ってしまうのは考えものですよ。

work09

スポンサーリンク

転職には手にするものと失うものがある

転職は人生を変える大きな転機となります。

しかし、転職後の人生が絶対に良くなるという保証は、残念ながらどこにもありません。

転職によって手にするものもあれば、失うものもあるからです。

転職して良かったと思えるのは、自分がこだわっていた「価値あるもの」を手にしたとき。

でも、転職によって失ったものが、手にしたものよりも大きすぎると、転職した意味はなくなります。

今、手にしたいものにどこまでこだわるか、そのために失ってもよいものは何か、これをあらかじめしっかり決めておかないと、転職しても後悔する可能性が残ってしまいます。

 今の会社で続けられないか

転職を考える際は、必ず「今の会社で続けられないか」を考えてください。

そして、続けられる・続けられない、いずれの場合でも、その理由をしっかりと整理しておきましょう。

これが転職を成功させる最初の一歩となるからです。

無条件で転職に取り組むべきとき

仕事内容、給料、人間関係にもう耐えられないという状況、あるいは、自分自身の将来が描けないとか、会社の業績が良くなくて先行きが不安といった状況であれば、間違いなく転職したほうがよいでしょう。

会社で続けられないか考えるべきとき

ですが、まだ何とかする余地があるのであれば、一度、会社で続けることを前提に、仕切りなおしをしたほうがよいかもしれません。

というのも、転職したいと思ったことが、一時的な気の迷いということもありえるからです。

仕事をしていれば、イヤなこともあれば、隣の芝生が青く見えることもあります。

そんなときに気持ちが転職に向いてしまうと、冷静な判断ができないからです。

一旦、気持ちの仕切り直しをして、落ち着いてみましょう。すると時間が解決してくれるでしょう。

さらに重要なのは、自分自身に問題がある場合

自分のことは、存外に自覚できないものです。なので、自分の問題点を客観的に見つめなおすのは、とても難しいものです。

しかし、これを行わずに転職に突っ走ってしまうと、自身の問題を抱えたまま、次の転職先に赴くことになります。

すると、同じような事態が発生し、また転職を繰り返すはめになりかねません。

おわりに

自分自身の成長や、会社に依存しない生き方を実現するためには、転職は非常に有効な方法です。

しかし、転職を成功させるためには、決断する前に、今の会社に残ったとしたら何ができるか、自分自身に問題は無いかを是非、考えてくださいね。

あわせて読みたい

募集要項の「求める人材」欄をみて応募をあきらめていませんか?
転職先で自分は通用するのかという不安を解消するたった3つの方法
転職活動のために仕事を辞めるのは絶対にやめるべき。そのたった2つの理由
本当に転職を決意しても大丈夫?転職理由を今一度深掘りすべきその訳とは